ごあいさつ

代表取締役会長 増田 民夫

当社は、1960年(昭和35年)の設立以来、「土木、建築 、電気、機械設備の設計、監理」を主たる事業目的に、東京電力のグループ会社として国内外を活動の場とし、事業を展開してまいりました。

現在、国内では、再生可能エネルギーの普及を目指した「固定価格買い取り制度」など、エネルギー供給の安定化及び環境問題への取り組みが積極的になされています。同時に防災への対応についても、官民を挙げての取り組みが本格化してきています。さらに、各種インフラの高経年化が問題となり、その対応も活発化してきています。

一方、国外では、新興国を中心とした旺盛な電力需要の増大を中心に、近年、地球規模でのエネルギー需給の構造変化、環境問題の深刻化など、エネルギー・環境問題は地球規模の大きな問題となっています。

このような時代に、当社は電力を主体としたエネルギー・環境分野、耐震評価をはじめとした防災分野など、社会資本の調査、設計から設備の診断、さらには運用管理に至るライフサイクルを通じたエンジニアリングサービスで、国内外のお客さまのご期待にお応えしていきます。

そのために、当社は、2013年の創立記念日に、社会に貢献しうる企業を目指し、新たなミッション“Engineering for the NEXT”を定めました。

このミッションのもと、社員一同、心を一つにして、お客さまの声を心から大切にする企業として、皆さまと歩んでまいります。