先輩社員から

先輩社員が仕事で実践する
東電設計の「4つの力」

先駆ける

最先端の技術を取り入れ、専門性を磨きつづけ、
新しい領域を切り拓く。

結集する

多彩な技術を結びつけ、
施設の計画から運用・再生までを一貫して担う。

共に創る

お客さまの視点に立ち、共に考え、
夢を描き、行動し、実現する。

やり遂げる

蓄積した知識・経験を活かし、
困難に向き合い、課題を解決し続ける。

新卒で入社した衛生陶器メーカーにて営業経験を積んだ後、大学院へ。2016年度入社。新卒採用ながらも社会人経験は長く、これまで培った営業スキルを活かして活躍中。

2016年度入社。営業採用ながらすぐに風力発電推進室に本配属となり、理系分野を含む風力業界を一から学んでいる。学生時代に東南アジアに傾倒して以降、海外志向を貫いている。

2014年度入社。大学で電子工学を修め技術職として入社後、ベトナムでの現場勤務を立て続けに二度経験。現在のソンハウ火力発電所に勤務し、1年3カ月が経過。

プラント設計会社勤務を経て2015年度入社。大学で建築を学んだ後、一貫して配管設計に携わる女性エンジニア。前職でのキャリアを活かし、即戦力としてスキルを発揮。

オーストラリア短期留学、イギリス大学院留学、バングラデシュでのインターンシップを経て2016年入社。自ら志願し、英語関連業務に積極的に取り組むバイリンガル。

2016年度入社。マレーシア出身。外国人採用制度を利用し、入社と同時に来日。勉強中の日本語の他にもマレー語、英語、中国北京語、広東語など5か国語を操るエンジニア。

2011年度入社。電気電子生命学科出身のスキルを活かし、入社時から電気本部にて活躍。一カ月の1/3は出張であちこちの現場を飛び回る、アクティブな若手エンジニア。

2010年度入社。学生時代から地震工学の研究を専門にし、昨年度から出身大学の社会人ドクターコースに進学。仕事と研究の両フィールドで活躍する、土木系エンジニア。

2008年度入社。大学院で建築学を修め、ゼネコンを経て中途入社。火力分野の建築構造設計を手掛ける女性社員。茶道・華道、三味線の資格を保有する。

2011年度入社。採用時から海外勤務志望をアピールし、希望通り「海外事業本部」に所属。フィジー、トルコなどへの出張経験を経て、2015年3月よりマレーシアの水力建設事務所に着任。