T-スプリング(ボルト・ナット脱落防止金具)

T-スプリングはボルトの余長につけることでゆるみ脱落を防止できるゆるみ防止金具です。

さらにT-スプリングは、汎用工具での取り付けが可能で、迅速かつ簡単に取り付けることができます。

T-スプリングの特長

・信頼性の高い“ナットの脱落”防止機能
・新設、既設を問わず適用可能
・素材には腐食に強いSUS304ステンレス鋼を採用
・汎用工具(12角ソケット)で取り付けが可能
・専用取付け工具を活用することでより簡単な取り付けが可能
・取り外し後の再利用が可能

T-スプリングのゆるみ止め性能

NAS3350(National Aerospace Standard 米国宇宙航空規格)の規格に準拠した衝撃型振動試験機を用いた試験において、T-スプリングシリーズであり、ナットにT-スプリングと同機構のスプリングが利用されたスマートハイパーロードナットのゆるみ止め性能が証明されています。


①試験条件

試験体
ボルトサイズ M12
材質 SUS304
締付けトルク 推奨)80N・m/各社推奨トルク
手締)3N・m(全て統一)
試験条件
加振方向 ボルト軸に対して直角方向
振動数 1,750回/分(29.2Hz)
振動加速度 実測19.5G
振動ストローク 11mm
衝撃ストローク 19mm
試験体取付け数 2体
振動回数 上限30,000回

②試験冶具


③試験結果
トルク導入時だけでなく、低トルク状態でもNAS3350振動試験を満足。

取り付け手順

手順1
ナットを締める

手順1
手順2
T-スプリングを取付ける
手順2
ボルト余長に手で取付ける
手順3
ナットに密着するまで締付ける。
手順3
角ソケットを使用した際は、ナットと供回りしないよう注意する
手順4
取付け完了

手順4
ナットとT-スプリングの間に隙間が無いことを確認する

 

汎用工具による取り付け

T-スプリングは汎用工具でも簡単に取り付けることが可能です

12角ソケットレンチ
(市販品)
汎用工具

他製品とのコスト比較

T-スプリングの利用で最大69%のコスト削減が可能になります。