津波防災技術

津波の伝播・遡上と、それに伴って生ずる陸上構造物への作用津波力等、発生津波の一連の挙動を精度良く評価する技術は津波防災対策上極めて重要となっています。

当社では長年の発電所設計業務を通じて、これらの津波防災対策上重要となる津波挙動評価技術の確立に取り組み、これまでに非分裂波の伝播・遡上解析技術、津波による海底地形変化予測解析技術を構築してきました。

さらに、従来必ずしも十分に評価されてきていない「分裂波の伝播・遡上解析技術」と「非分裂波・分裂波による津波力の評価技術」を構築し、これらの津波一連の挙動を従来に比べて精度良く評価できるようにしました。

また、地域住民の津波避難行動をシミュレーションする技術により効果的な津波避難計画立案に役立つことができます。

東電設計の津波防災技術の特徴

東電設計の津波解析技術は、従来の水位評価だけではなく、断層からの津波発生・津波の伝播・津波の遡上・作用津波力・海底地形変化・群集避難行動シミュレーションなどの一連の解析を行うことにより、津波発生に伴う被害予測を従来に比べて精度良く評価し、津波ハザードマップの作成・津波防災施設の整備・効果的な津波避難所の設置計画の立案等に反映させることができます。

津波の伝播解析技術

海底断層による地震に基づいて、海底の震源地から浅海域、海岸遡上域に至るまでの津波による水位、流速の変化を解析・評価します。

日本近海で発生した地震による津波伝播解析例
遠方で発生した地震による津波伝播解析例(チリ地震津波)

津波の伝播・遡上解析技術

構造物前面に掛かる波力を精度良く算定するには、海域からの伝播過程と遡上した津波の遡上水深を精度良く表すことが不可欠です。このようなことから、当社では従来の評価手法に加えて、津波防災上要請が高まっています、

  • 分裂波の伝播・遡上解析技術
  • 非分裂波・分裂波による津波力の評価技術

などの津波評価手法を新たに構築しました。これらの手法の構築に当たっては、現象毎に水理模型実験を実施し、それに基づいて精度を確認しております。

港湾構造物に対する非分裂波津波の伝播・遡上・越流解析例
港湾構造物に対する分裂波津波の伝播・遡上・越流解析例

陸上構造物に作用する津波の波力評価技術

直立護岸を越流した波の構造物前面に及ぼす波力は、構造物が存在しないときの構造物前面位置における遡上水深で評価できます。構造物前面に掛かる波力を算定するためには、遡上した津波の遡上水深を精度良く想定することが重要です。

護岸後方にある構造物に対する非分裂波津波の伝播・遡上・越流解析例

群集避難行動シミュレーション技術

対象地域住民の住居の位置、家族数・性別・年齢、避難所の位置、避難の手段、津波の来襲方向・時間・速度などの情報を基にしたポテンシャルモデルを用いて避難行動シミュレーションを行います。このシミュレーションにより、避難場所までの最短時間経路の把握・効果的な津波避難所の設置計画の立案・避難警報の効果の把握等が行えることから、津波による人的被害の低減に役立つことが可能です。

住民に対する避難説明にはアニメーションが効果的です。

群集避難行動シミュレーション技術