BIMを活用したFM支援ソリューション

建物の保守管理・メンテナンス

情報の可視化と共有化で、建物のライフサイクル管理を強力サポート

BIM(Building Information Modeling)とは

3次元CADと違い、壁やドア、配管などの部材情報や部屋情報、立地などの空間情報を3Dに併せ持った建築ツールです。
また、コスト・保守管理情報を付加することができ、建物にかかわるすべての人が、見える化されたわかりやすい情報を共有できるものです。
私達は、BIMの特性に注目し、コンピューター上の仮想空間に意匠も構造も設備も実物と同じものを創り、企画・設計・施工・運用・維持管理に活用させるワークフローとしてお役立ていただけるようご提案いたします。

BIMによる立体イメージから情報管理まで

設計段階から実物に近いイメージを共有し、お客さまのニーズに合った建物の設計をご提供いたします。

BIMで三次元モデル化
実際に施工された建物

設計段階から運営管理段階まで、フルBIMデータを活用

紙ベース情報をBIMにリンクさせることで、効率の良い資料管理が可能になります。

FMシステムとの連携によるトータル管理

ファシリティマネジメントシステムとの連携により緻密な資産管理が実現


BIMを活用して、建物の保守情報共有と見える化を実現し、建物のライフサイクル管理を強力にサポートいたします。