• トップ
  • TEPSCOとSDGs豊かな未来への貢献
豊かな未来への貢献
SUTSTAINARLE DEVELOPMENT GOSLS

2015年9月、国連サミットにおいて「持続可能な開発目標」(SDGs:Sustainable Development Goals)が採択されました。2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標として、17のゴール・169のターゲットから構成され,
地球上の誰一人取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国、先進国を問わず全世界で
取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本も積極的に取り組んでいます。

このSDGsが目指す方向性は、当社が掲げるミッション「“Engineering for The NEXT” 技術を結集し、自ら、明日をひらく」と、
その実現にあたっての私たちの行動を表すバリュー「人が中心の自立したプロフェッショナル集団として、
社会の期待に応えるため行動する」と完全に合致するものと考えています。当社はSDGsに賛同し、事業活動を通じ世界の目標である
SDGsの達成へ向けて今後も積極的にチャレンジしてまいります。

プロジェクトストーリー

具体的なTEPSCOの取り組み

当社は電力を主体としたエンジニアリングサービスを通じて、SDGsに関わっております。

  • エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 産業と技術革新の基盤を作ろう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 産業と技術革新の基盤を作ろう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任 つかう責任
  • 気転変動に具体的な対策を
  • エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤を作ろう
  • 住み続けられるまちづくりを